オペラの発声で大丈夫ですか?

高松の皆さん、こんにちは。秋葉原・つくば校の井上です!

写真は僕の二つ目のギター、Martinちゃんです!

このワインレッドかっこいいんですよね〜。

全然買う気はないのに楽器屋さんをフラフラしてたら一目惚れして買ってしまいました。笑

もう一本のギブソンに比べて少しサイズが小ぶりなので弾きやすいし、音のバランスも良くて気に入ってます♪

 

歌が好きな人は弾き語りもやってみたいという方が多いと思うので、弾き語りのレッスンなんかもやれたらいいなーと思ったりしてます。

音楽の楽しみ方は一つじゃないですからね^_^

 

今日はオペラとポップスの違いについてお話ししていきます。

みなさんはポップスを歌いたいのにオペラのトレーニングを指導されていたらどう思いますか?

ジャンルが違うので習いたいとは思いませんよね。

 

実は一般のボイストレーニングで使われている腹式呼吸やミックスボイスなどはオペラの専門用語なんです。

何も知らない生徒さんからすれば、先生が言うのだからと思って信じ込んでしまうのですが、オペラを基礎にしたトレーニングではポップスは歌えるようになりません。

 

オペラは大声量で太い声なのに対し、ポップスやロックはマイクを使うので小声量で良く、軽くて細い喋り声のような声で歌います。

人間の筋力というのは習慣によって癖がついてしまうので、お腹に力を入れるなど太い声を出す練習をしているとポップスを歌う時も太い声で歌うことになってしまいます。

 

先日、YouTubeでたまたまボイストレーナーの方の動画を観ました。

米津玄師さんなどの曲の歌い方解説をしていましたが、やはりその方もオペラのような太い声でポップスを歌っていました。

オペラを基礎としたトレーニングをするとそうなってしまうのです。

 

なので、ポップスを歌いたいのであればポップスの為のトレーニングを受けるべきです。

まだ一般的に「歌の基礎は腹式呼吸」という考えが当たり前になっているので、理解していただくのはなかなか難しいかもしれませんが、興味を持っていただけた方はKISSのホームページを見ていただくか、教室でお話させていただくこともできますので、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

お待ちしております!

高松・ボイトレ 講師
井上

高松校よりメッセージ

私がKISS MUSICの共鳴ボイトレ法に出会ったのは全くの偶然でした。
当時、HPを読んだ時に自分の探している答えはここにある!と直感のようなものを感じました。
そして迷わずKISSの門をたたき、2年後に地元高松に出店。
この珍しくも確実なトレーニングメソッドを高松に持ち帰れたことを、とても誇りに思っています。
今では多くの生徒さんに恵まれ、楽しく、時にストイックに(笑)レッスンさせていただいております。
レベルを問わず歌が上手くなりたいすべての人に、自信を持ってオススメできるトレーニングです。
一人でも多くの方のお役に立てれば、これほどうれしいことはありません。
履いて捨てるほどある他のボイトレ教室とは全く別物、ハッキリ言って比較になりません。
必要なものはただ一つ、好きなことに対してひたむきに努力する才能、これだけです。
KISS高松校は挑戦するあなたを精一杯応援します!
(KISS MUSIC 高松校 代表 田村)

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン