亀田音楽専門学校の番組でミックスボイスを取り扱いました。これを見るとTERUさんがミックスボイスを肯定してデモンストレイションしているように見えませんか?実際は真逆だったのです。

TERUさんは「ミックスボイスよりも地声のハイトーンボイスの方が難しいよ」と少し言いにくそうにコメントしていました。メジャーのプロなら当然の発言です。 何故ならRock Vovalは「地声のまま高音で歌うことが王道」なのです。ミックスボイスは「逃げ?のような感覚」にとらわれるからです。

実はその都合の悪い部分がカットされて上げ直されているのが、このYouTube動画でした。

嘘ばかり言えるボイストレーナー程人気がある

日本でミックスボイスを流行らせた人気ボイストレーナー達がおります。ですがとうとう彼らの嘘が暴かれてしまったのです。今ではこのとおりの評価です。133のGood評価は彼らが持っているフェイクアカウントが、大量に含まれているかもしれません。

ボイストレーナーへの批判
ボイストレーナーへの批判

粉雪から上はみんなミックスボイス?

「粉雪から上はみんなミックボイス」。これはオペラを黙って指導しているボイトレ業界が自分達の都合で言っていただけです。何故なら私はSony Music現役当時、デビューする前からレミオロメンを知っているからです。

その当時はミックスボイスなんて誰も知りませんでした。今でも殆どのメジャーアーティストが「ミックスボイス」を知らないで歌っていることでしょう。ボイトレを受けた経験がない「生まれつき歌が上手い人」だから。

嘘をついてしまう人に幾ら証拠を出しても無駄です。何とでも言い逃れるからです。例えば本人がミックスボイスで歌ってなくても「ボイトレ業界ではレミオロメンから上をミックスボイスと象徴づけただけです」みたいな…。

だけどボイストレーナーって、職業としてやっているのでしょう?レッスン料という対価を貰っているじゃないですか?他の業界では嘘をついてお金を貰うとNEWSで流れますけど。嘘をついてる自覚がないとOKなのですかね?

40年もの長きに渡って「腹式呼吸、ミックボイス、鼻腔共鳴?これからはベルテティング?ですか?」と嘘を重ね続ける業界に、誰も疑問を感じないのでしょうか?

ミックスボイスは声楽科卒業生の虚像から

大勢のボイストレーナーがミックスボイスを「ある」ように宣伝しています。だけど本当は「無かったもの・虚像」だったとしたら?

Classic・オペラのハイトーンは裏声で出すのが基本だそうです。ですから音大生から見た 地声の高い声で歌っているPops/Rockアーティストは、 Illusion的にミックスボイスに見えたのかもしれませんね。

オリジナルのミックスボイスはフランスオペラです

オリジナルのフランスオペラのミックスボイスは「優しい歌になるテクニック」でした。だけどボイストレーナー達の「ミックスボイスという言葉から最終的に連想されたもの」は、 正反対な「ヘビーメタルのハイトーンボイス」だったようです。飛躍しすぎでしょう、正反対だもの。

なのに「オリジナル・フランスオペラの優しい歌」の方法論のまま「呼気を大量に混ぜて咽頭を下げろ」と今でも指導しているのですよ。無茶苦茶ですよね!

ミックスボイスを習得する為にはミドルボイスからです!と大勢に言われると「そんなものかな?」と、皆さんは洗脳されていただけです。腹式呼吸のようにね!

ミックスボイスは単なるハイトーンボーカルだった!

結論を言うとミックスボイスは、ロックを知らない音大生から始まった虚像です。音楽大学の声楽科卒業生達から始まり、2000年頃からは電子掲示板で「有ること無いこと」が広まったものです。

それでは現代のミックスボイスと象徴づけられたヘビメタ的発声の正体を明かしましょう。それはメジャー業界(Pops&Rock)から言うと「単なるハイトーンボーカル」のことです。そうTERUさんが言っていたでしょう!

2000年頃、ミックスボイスが電子掲示板 から流行り始める遥か昔、1969年ぐらいからロックの世界では当たり前にハイトーンボーカルと言うスタイルがありました。そして現在ミックスボイスで歌ってると言われているアーティストよりも、もっと高音域を全て地声で歌っています。

その方法を研究してきたのがKISSです。秘密は頭式呼吸になりました。

Deep Purpleのイアンギランです。彼を地声と裏声を混ぜて・ミックスボイスで歌っていると言ったら、世界中のロックファンを敵にまわしますよ! YouTubeで発表します!

高松校よりメッセージ

私がKISS MUSICの共鳴ボイトレ法に出会ったのは全くの偶然でした。
当時、HPを読んだ時に自分の探している答えはここにある!と直感のようなものを感じました。
そして迷わずKISSの門をたたき、2年後に地元高松に出店。
この珍しくも確実なトレーニングメソッドを高松に持ち帰れたことを、とても誇りに思っています。
今では多くの生徒さんに恵まれ、楽しく、時にストイックに(笑)レッスンさせていただいております。
レベルを問わず歌が上手くなりたいすべての人に、自信を持ってオススメできるトレーニングです。
一人でも多くの方のお役に立てれば、これほどうれしいことはありません。
履いて捨てるほどある他のボイトレ教室とは全く別物、ハッキリ言って比較になりません。
必要なものはただ一つ、好きなことに対してひたむきに努力する才能、これだけです。
KISS高松校は挑戦するあなたを精一杯応援します!
(KISS MUSIC 高松校 代表 田村)