みなさんミックスボイスという言葉を聞いたことがありますか?「メジャーの高音で歌ってるシンガーはみんなミックスボイスで歌ってる」と言っているボイストレーナーもいるみたいですが、皆さんは賛同されますか?実はミックスボイスって言葉はプロの現場からは完全に孤立した旧ボイトレ業界の狭い世界だけで流行ってるもので、当の本人、メジャーアーティスト達は殆ど知らない言葉なのです。

だってミックスボイスを知らない1970年からのヘビーメタルのシンガーの方が遥か高音を地声で歌っている歴史があるのだから。これは事実なんだから。

本当のミックスボイスはフランスオペラのテクニックでポップスから始まったものではありませんよ。クラシック系のボイストレーナー達が勝手に自分達に都合よくポップスへ持ち込んで広めてしまっただけです。2000年頃からそれも電子掲示板でね。

矛盾に気づいて

ミックスボイスって言う人によって声質が全く違ったりしてませんか?あるものは地声っぽく、またあるものは裏声っぽくないですか?そこにきて、地声ミックスとか裏声ミックスみたいな言い方まで。単純に地声・裏声じゃダメなの?(笑)
かれこれ1970年頃からハイトーンボーカルっていう歴史があります。ハードロックやヘビーメタルはいかに高い声で歌うか競争してきました。その頃にミックスボイスなんて概念はなくて、地声か裏声かの、二つに一つだったのです。

ボイストレーナー実は歌えない人ばかりなのです。歌えないからボイストレーニングというお勉強(声楽つまりクラシックの歌い方)に手を出したんですよね?そして自分たちが勉強した声楽でポップスやロックを理解しようとした結果、ハイトーンボーカリストを勝手にミックスボイスだと説明してきたのです。ボイストレーナーが「あれはミックスだ!」というとそれがミックスボイスになる。それって実態があると思いますか?

高音と言うけれど基準は?

基準はDeep Purpleのイアンギラン、Led Zeppelinのロバートプラントでしょう。ハイトーンボーカルはRockの洋楽が基本ですから、日本のシンガーは基準になりません。YouTubeのリンクで確認して下さい。

スティールボイスは超ハイトーンボイス

Steelheart-She’s goneです。この超高音は地声ですよ。まずはご覧になってください。ちょっとイントロが長いので飛ばしてみて!

どうでしたか?ボイストレーナー達が言う、「レミオロメンから上はみんなミックスボイスで歌っている」というデマは通じない高音でしょう?レベルが違うよね!

高音なら頭式呼吸だよ

詳しい説明は頭式呼吸のページで確認して下さい。ここでは簡単に説明します。日本人の1億人以上が蓄膿症予備軍という統計データがあります。下の図3の状態を図2へ改善することで、高い声が楽に出るようになりますよ。

分かりやすい説明でしょう。歌のレベルに関係なく、本当に上手くなりたい人から気づき始めてますよ。従来のボイストレーニングでは歌えるようにならないという事実に。そして、KISSの主張は今まで自分が見て見ぬふりをしてきた旧ボイトレへの違和感、不信感を見事に言い当てているのです。

旧ボイトレの『エッジボイス、換声点、支え・・・』に比べKISSが言っているのは『鼻の通りをよくしよう!』どっちが分かりやすく、現実的だと思いますか?

ボイトレを頑張る生徒さん
ボイトレを頑張る生徒さん

高い声で歌いたいなら

高音で歌う方法は蓄膿症を改善することです。要は呼吸機能の空気の通り道をしっかり開いてあげましょうということ。声帯がどうとか、換声点がどうとか、関係ないから。

頭部からの呼吸機能全体を正常に戻すことが歌の基礎ですよ。KISSはその改善方法の「頭式呼吸」を開発しました。腹式呼吸はクラシックですよ。腹式呼吸が大事って言っているのは孤立している旧ボイトレ業界です。

頭式呼吸はデトックスで呼吸器にべっとりついた膿を排出していきます。その改善率と共に徐々に高い声が出るようになって行きます。ビフォーアフターのデータベースで「論より証拠」既に証明していますから。

ボイストレーニングの秘訣
生まれつき歌が上手い人の秘密

高松校よりメッセージ

私がKISS MUSICの共鳴ボイトレ法に出会ったのは全くの偶然でした。
当時、HPを読んだ時に自分の探している答えはここにある!と直感のようなものを感じました。
そして迷わずKISSの門をたたき、2年後に地元高松に出店。
この珍しくも確実なトレーニングメソッドを高松に持ち帰れたことを、とても誇りに思っています。
今では多くの生徒さんに恵まれ、楽しく、時にストイックに(笑)レッスンさせていただいております。
レベルを問わず歌が上手くなりたいすべての人に、自信を持ってオススメできるトレーニングです。
一人でも多くの方のお役に立てれば、これほどうれしいことはありません。
履いて捨てるほどある他のボイトレ教室とは全く別物、ハッキリ言って比較になりません。
必要なものはただ一つ、好きなことに対してひたむきに努力する才能、これだけです。
KISS高松校は挑戦するあなたを精一杯応援します!
(KISS MUSIC 高松校 代表 田村)