世界初、Popsのボイストレーニング誕生を宣言!

元 Sony Music 音楽 Producer 代表 平山です。私はOperaでpopsを指導するボイトレ業界に反対しています。それは歌がが上手く成りたいと願う人達を欺く行為だからです。これからは「Popsで指導する信頼の共鳴ボイトレ業界」の時代です。

Sony Musicの音楽プロデューサーが、世界初、Popsのボイストレーニング誕生を宣言!

キッス高松校へようこそ!世界初Pops,Rock,R&Bの共鳴ボイストレーニングが誕生しました!え…?と思う方が多いと思われます。だけど実は、ボイトレの正体はOpera,声楽だったのです。あなたのカラオケが上手く成りたいと言う目的とは正反対、ジャンルが違いすぎるClassic Vocalを習いたいですか?まだJazz Vocalの方が良いと思いますよ!

鼻づまりの自覚がない人でも・歌がヘタな原因は副鼻腔炎・蓄膿症です。

共鳴ボイトレ法の目的は副鼻腔炎・蓄膿症を改善することです。日本人の1億人以上が蓄膿症に感染しています。人間本来の健康な呼吸機能に回復させることで、歌い易くなりその分歌は上手く成ります。

その効果は証明済みです。生徒さんの声のページにボイトレビフォーアフターあります。ボイトレビフォーアフターのデータベースの指標と合わせてご覧ください。

呼吸改善率と歌の基準

  1. 頭式呼吸100% トップアーティスト

    頭部から横隔まで空洞を感じる。
    一切苦しくないので、自由に歌える。

  2. 頭式呼吸90% シンガーソングライター

    ソロデビューの可能性
    頭部から横隔まで空洞を感じる。
    ハイトーン曲でなければ、わりと自由に歌える。

  3. 頭式呼吸80% アイドルのメインボーカルの可能性

    オリジナル曲が書ければソロデビューの可能性
    頭部の空洞は感じるが、首から下の感覚はない。
    まあまあ上手く歌えるが、個性的な表現が足りない。
    苦しさはない

  4. 頭式呼吸70% 最低限のオーディション合格ライン

    アイドルグループのメンバーの一人に選ばれるフルコーラス歌えるが不安定。
    頭部の空洞はところどころ感じる。
    副鼻腔に空気を感じ始める。
    歌うと息苦しさを少し感じる。

  5. 頭式呼吸60% 蓄膿症による細菌被膜がある。

    歌っていると呼気の圧力が断絶し歌いづらい。
    副鼻腔の空洞部分を探している。
    デトックスがもっと必要。
    歌うと息苦しい。

  6. 頭式呼吸50% 副鼻腔炎・蓄膿症。

    Kiss Music の一般Beforeレベル
    音程は不安定。
    歌うと苦しい。
    タン・鼻水が充満。

共鳴は音程よりも確かな基準

音程よりも「共鳴」の方が確かな基準です。音程と共鳴の関係には方程式が存在しています。そして共鳴には体積が存在し目に見えるものです。共鳴を誘導することで生徒さんの歌う筋力習慣を戻すことができます。

高松校よりメッセージ

私がKISS MUSICの共鳴ボイトレ法に出会ったのは全くの偶然でした。
当時、HPを読んだ時に自分の探している答えはここにある!と直感のようなものを感じました。
そして迷わずKISSの門をたたき、2年後に地元高松に出店。
この珍しくも確実なトレーニングメソッドを高松に持ち帰れたことを、とても誇りに思っています。
今では多くの生徒さんに恵まれ、楽しく、時にストイックに(笑)レッスンさせていただいております。
レベルを問わず歌が上手くなりたいすべての人に、自信を持ってオススメできるトレーニングです。
一人でも多くの方のお役に立てれば、これほどうれしいことはありません。
履いて捨てるほどある他のボイトレ教室とは全く別物、ハッキリ言って比較になりません。
必要なものはただ一つ、好きなことに対してひたむきに努力する才能、これだけです。
KISS高松校は挑戦するあなたを精一杯応援します!
(KISS MUSIC 高松校 代表 田村)