プロの声優さん達がKISSへいらしてます。養成所のボイトレでは無理だと…。何故ならそれは舞台演劇の発声方法だからです。

舞台演劇の発声は「マイクを使わずに遠くの席のお客様まで声が届くように大声を張り上げる発声法」です。だから腹筋を鍛えろ!と指導する腹式呼吸なのです。現代の軽めの声で「個性・キャラクター」を重要視する声優には、もう古すぎる発声方法です。

腹式呼吸だと野太い声になってしまい喉を傷める原因になります。え?と思うでしょ!それでは1ヶ月の公演で喉に注射を打ちながら頑張る舞台俳優さんを見てください。一生懸命に腹式呼吸を信じて行っているのに…?副鼻腔炎・蓄膿症と腹式呼吸が合わさると危険なのです。

発声方法はまだ世界的に解明されていなかった分野なのです。スクールビジネスの生徒集めに利用されてきただけです。だけどその中を乗り越えてデビューして行く声優もいるのですから仕方ないですよね?ちなみに私は元 Sony Music 音楽 Pで、あなたの先生よりも業界を知っていると思います。

声優もシンガーもマイクを使う 小声量 のジャンル

現代の声優はマイクを使うと言う観点から、メジャーシンガーと同じ小声量の発声方法です。するとPops/Rockの発声法は、まだ世界的にKISSの「共鳴ボイトレ法・頭式呼吸」しか無い訳です。声優業界にぶら下がっている養成所の話を鵜呑みにしていると将来は無くなりますよ!

あなた達素人さんは事務所に入ると安心しているようですが、本当の業界とはね、仕事を出す方なのです。そう声優の仕事をあなたにくれる会社。特に声優志望者は素直な人が多いから養成所の言うことに騙されやすい。

皆さんから見ると養成所の先生はプロに見えるかもしれませんが、本当のプロなら養成所で教えてる時間など無いはずですよ…。

高松校よりメッセージ

私がKISS MUSICの共鳴ボイトレ法に出会ったのは全くの偶然でした。
当時、HPを読んだ時に自分の探している答えはここにある!と直感のようなものを感じました。
そして迷わずKISSの門をたたき、2年後に地元高松に出店。
この珍しくも確実なトレーニングメソッドを高松に持ち帰れたことを、とても誇りに思っています。
今では多くの生徒さんに恵まれ、楽しく、時にストイックに(笑)レッスンさせていただいております。
レベルを問わず歌が上手くなりたいすべての人に、自信を持ってオススメできるトレーニングです。
一人でも多くの方のお役に立てれば、これほどうれしいことはありません。
履いて捨てるほどある他のボイトレ教室とは全く別物、ハッキリ言って比較になりません。
必要なものはただ一つ、好きなことに対してひたむきに努力する才能、これだけです。
KISS高松校は挑戦するあなたを精一杯応援します!
(KISS MUSIC 高松校 代表 田村)